注目キーワード
  1. THE THOR
  2. アニソン
  3. 旅行
  4. 読書
仕事について思うこと

【働き方】仕事について思うこと(でも今は無職)【仕事】


この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


はい、どーも
はるねこ(@hal_neko)です。

仕事について思うこと

今回は雑記です。

せっかくの雑記ブログなので、たまには人の役に立たない記事も書かなくちゃ!
と思い立ち書いてみました。

もう会社辞めた身なので、働いてた時の事を基準に
自分の仕事に対する考えに関してお話します。

 

仕事について思うこと:仕事の進め方

「優先順位」と「作業量」

仕事には「作業量少ないけど、優先度低い」タスクと「作業量多いけど、優先度高い」タスクとがあると思います。

そういった時、以前の自分は、優先度が低くても、作業量が少ないタスクを先に片付けて
全体量をまずは減らすようにしていました。
ただ、そのやり方をやると「作業量少ないと思ってたけど、予想外に多かった」という場合に罠に落ちます。

優先度が高くない仕事に多くのコストを割いてしまう事になるのです。
それは、そもそもを言えば、見積もりの甘さもありました。
見積もりの正確性が低いから、こういった事が起こってしまうのです。

ただ、なかなかぴったりに見積もるのは難しいと自分は思っています。

状況に応じて進め方を使い分ける

今の自分は、まずはざっくり優先度と作業量の見積もりを立てた上で
状況に応じて使い分けるようにしています。

全体の作業量が多くて、見積もりに自信が持てない場合

いくつか「優先度:低」だったとしても「作業量:小」のものを片付けて、全体のタスク数を減らします。

実際にやってみて、作業量が「小」で済まなくなった場合は後回しにします。

全体のタスク数を減らす事で、考えなくちゃいけない事柄を減らして、見積もり精度を更新します。

全体の作業量の見積もりに、ある程度自信を持てる場合

これは、1タスクの作業量が多かったとしても「優先度:高」のものから順に片付けていきます。

作業量が多かった場合、もしかしたら1日では終わらない事もあるかもしれませんが
それも込みでの「見積もり」なので、予定どおりのはずです。

優先度が高いタスクを先に片付けるのは、基本ですね。

ちゃんとタスク化する

以前の自分は「やらなくちゃいけない事」と「やりたいなと思うこと」という2つがあった場合に「やりたいな」系は「時間が空いたら」「できたらやる」くらいでタスク化はしていない事が多かったです。
でも、やりたいな、と思う事はやった方が、より成果の質は上がる事が多かったりします。

タスク化していないと、忘れてしまったり「まぁ、いいか」と、なぁなぁになったりする事もあるので、今は、ちゃんとタスク化した上で、残り時間とコストと相談して積極的に取り組むようにしています。

最初から本気出す!

別に今までは本気出してなかった、というわけじゃないんですが
振り返ってみると、作業の見積もりをする上で、結構「自分に甘めの見積もり」をしている事が多い気がしました。

本気出せばもっと短い期間で出来るだろうけど、締切がまだまだ先なのであれば
別に急ぐ必要ないじゃない、といったような考え方でした。

 

そんな時、こちらの本を読んで、意識が変わりました。

こちらの本では「ロケットスタート時間術」と銘打って
仕事の進め方、見積もりに関してのアドバイスが記されていました。

「最初の2日で仕事の8割を終わらせる」くらいのスピード感で作業する。
といった事が書かれており、そうする事で、仕事を見積もり通り、または前倒しで終わらせる事ができる。
という事が記されていました。

実際、この意識づけをする事で、以前に比べて、仕事の早さは上がったと思います。
今も、この「最初から本気出す!」理論は大事にして仕事に取り組んでいます。

 

仕事について思うこと:残業

昔は、残業したいマンだった

自分は、昔「残業したい」人間でした。

というのも、自分はそんなに「デキる」人間ではないので、残業の時間を使ってスキルアップを図りたい!
と思ったり、タスクの見積もりをする時に残業ありきで見積もったりしていました。

ただ、以前働いていた会社では「みなし残業制」を導入していました。
みなし残業制というのは、残業してもしなくても、定められた残業時間分の残業代をあらかじめ支給します、という制度です。
以前の会社の時は、45時間分でした。

早く帰れば帰るほどお得やん!

なので、45時間に残業時間が満たなくても、45時間分の残業代が出ます。
つまりこれは、早く帰れば帰るほどお得になる、という事です。

  1. 残業時間が 0 であれば、丸々45時間分の残業代が「お得に」貰えます(実際には残業していないので)。
  2. 残業時間が35時間であれば、10時間分がお得に貰えます。

どちらも、45時間分の残業代は支給されますが「2」の場合
自分の「人生の時間」を消費してしまっているのでその分だけ損です。
「1」の場合なら「45時間」を自分の趣味や勉強、休息の時間に当てる事ができたわけなので。

そういった観点から「残業しない」方がお得であると気づきまして
「残業時間」というのはあくまで、サッカーでいう所の「ロスタイム(アディショナルタイム)」であり
仕事というのは、就業時間内に終わらせるものである。
という意識に変わりました。

勉強に関しては、まぁ、家でもできるのでいいかなと。

無駄な残業はやめて、早く帰ろう!

ただ「残業は絶対悪!」という事ではありません。「無駄な残業はやめよう」というスタンスです。
必要な残業はすればいいし、必要ない残業はしなければよい、それだけです。

たまに「周りの人が帰ってないから」という理由で本日分の作業は終わっているにも関わらず
残業する人がいたりしますが、自分はこれは「無駄な残業」と位置づけています。

定時が来たら「残りはまた明日!」
そうする事で、仕事にもメリハリを出せて、人生も充実する気がします。

「定時で帰ったら仕事終わらないんだよなぁ」という場合は
そもそも人員不足か、仕事の割り振りをミスっているか、見積もりが間違っているのではと思います。

また「残業代がないと収入がヤバイ」というのも、そもそもの基本給が低い可能性があるので
そこは、会社との交渉かなぁ、もしくは転職かなと思います。

 

仕事について思うこと:労働時間について

8時間労働について

日本では、基本、8時間労働が普通ですよね。
でも、自分は、これは長すぎじゃないかなって最近思うんです。

1日は24時間で、その 1/3 が労働に消えていく、というのは時間取りすぎだと感じます。
自分は、1日の労働時間は6時間くらいでいいのではないかなと思います。

2時間くらいなら、無駄をなくして頑張れば、なんとかなる気がします。

週休2日について

これも少なく感じています。
Twitter でこんなツイートが話題になりました。

 

完全週休3日制で、水曜日が休み。
毎日が「休み明け」「休み前」なので、やる気が継続する!
といった話です。

 

いやー
これですよこれ。
自分もこんな企業で働きたいものです😂

 

仕事について思うこと:人間関係

足を引っ張る輩はクソ

人間関係は、どんな会社でもつきもので、人間関係ほど面倒くさいものはないですよね。
自分としては「仕事が正常に回る」レベルの人間関係が築けていれば十分かなと思います。

人間、好き嫌いありますし、生理的に合う人、合わない人っていると思うんです。
なので、自分の事を嫌いな人がいても、それは仕方ないと思っています。

ですが、それを表に出して仕事の場で態度に出すとか、陰口を言ったりだとかは
社会人として終わってると個人的には思います。(社会人なりたてならまだしも)
そんな事に何の意味があるんでしょうね、自己満でしかないと思います。

過去の経験から、大人になれた気がする

自分は、最初に働いた職場も年上だらけの職場だったし、友人も同じ職場だったりしたので
悪口言われたり、足を引っ張られたりというのはありませんでした。

その職場では、自分よりも年上で仕事が出来ない人もいましたけど、自分は悪口言ったりするのではなく、どうして、その人は仕事が遅いのか? どこがダメなのか? を考える方向で、改善出来ないかを考えていました。

そういう人に注意したり、話を聞いたりすると
「自分のやり方に口出しするな」「年下のくせに」といった事を言われる事もありましたが
良くない事は良くないし、自分のほうが役職が上だったりしたので、伝えるべき事は伝え、時には力でねじ伏せたりしてました(若気の至り……)

そんな経験もあったり、高卒で社会人になったので社会人経験が長い事もあったりで
自分から、人間関係を悪くするような行動は取りませんが、自分がそういった行動を取らなくても、関係がこじれるのが人間関係ですよね、無理ゲー😫

気にしすぎはよくないけどね

プログラマーになってからも、無視をされたり陰口を言われたりする事はありましたが
だいたいが、自分の実力不足が原因だったりしたので、そこは甘んじて受け入れていました。

ただ一部、相手の主観的な理由で人間関係が悪くなってしまう事もありました。
自分にとっては、そこまで気にする事ではないような事が相手の癇に障る、という事もあるので、それは難しかったですね😓

でもまぁ、あまり気にしすぎても仕方ないかなと思っています。
相手を何らかの理由で怒らせてしまったなら謝ればいいのでは? と。
本心で謝らなくても、心の中であっかんべーしとけばいいのですよ😌

とは言いつつも、相手から敵意を向けられる、というのはやはり堪えますね。
現在、軽い「うつ」持ちです。

 

仕事について思うこと:有給

自分は、有給は使い切る人です。
残業の項目でもちょっと触れましたが「その方がお得」だからです。
働かずして、お金が貰えるとかヤバイでしょ👍

有給も「取りづらい会社」と「取りやすい会社」があると思います。
自分は「取りづらい会社」だったら転職すると思います。

 

有給が取れないほど余裕がない会社にいたくないですし、有給が取れないような社風の会社にもいたくないです。

有給を「あえて」取らない人なんているのかな?🤔

 

仕事について思うこと:給料

自分は、残業代ありきで、収入設計はしないようにしています。
また、インセンティブボーナスのような突発的、不安定な要素はできるだけ除外しています。

あくまで「基本給」を上げる事で、収入を増やせるように意識しています。
やはりその方が健全ですしね。
ただ、昇給があまりに低い場合は、転職を考えた方がよいかなとは思います。

社会では「働き方改革」のあおりを受けて
「残業が減って、残業代が減ったから収入が減った」といったような話があったりしますが
そもそも、残業ありきで設計されている給料がおかしいですよね。

どうなんでしょうね、ある程度、納得のいく収入を得られていれば
残業する人も減るんじゃないかなぁって思うんですが。
もちろん「残業を残業代のためにしている人」に限ってですが。

 

終わりに

ちょっと真面目に語ってしまった感がありますが、結構、支離滅裂に書きたいことを書いてみました。

まぁ、こんな記事があってもいいでしょう、雑記ブログなので。

ではではそんな感じで、皆さんもほどほどにお仕事頑張って!👍

では今回はこの辺で👋

 

転職情報関連

Wantedly

 

A8.net

 

GEEK JOB

 

TECH Expert

↓ポチっとして頂けると喜び狂います!

PVアクセスランキング にほんブログ村





TOP 
仕事について思うこと
フォローお願いします!
>多機能で速いWordPressテーマ「THE THOR」

多機能で速いWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログは有料WordPressテーマ「THE THOR」を使用しています。
プラグイン不要でSEO対策が可能なWordPressテーマです。
「豊富なカスタマイズ」「プラグインいらずで多機能」
「デザインダウンロードで見た目をガラッと変更!」
国内NO1のテーマを目指して作られ、今後も進化し続けます。
万全のサポート体制でインストール・初期設定とスムーズに進みますので、初心者ブロガーにもおすすめです。

CTR IMG