アニメやゲームの感想から、ブログ運営、お金(資産運用、節税)、健康の話まで雑多につぶやくブログです

【読書】このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法【感想】

7 min 0 views
読書感想

今回は、読んだ本の紹介、雑感をつらづらと書いていこうかと思います。

はるねこのブックメーターはこちら

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法

今回ご紹介する本は

『このまま今の会社にいていいのか?と
一度でも思ったら読む転職の思考法』

  • 著者:  北野唯我
  • 出版社:  ダイヤモンド社

です。

購入動機

会社を辞めようかと思いまして

背中を押してくれそうな本を読みたかった

というのが購入動機ですw

本の目次

はじめに

  • 「いつでも転職できる」の確信を持った人だけが、自由になれる。

プロローグ.このままでいいわけがない。だけど……
「漠然とした不安」の正体

  • 「元エリートサラリーマン」の末路
  • 転職に必要なのは、情報ではなく「思考法」である

1.仕事の「寿命」が切れる前に、伸びる市場に身を晒せ
「一生食える」を確保する4つのステップ

  • ステップ1:自分の「マーケットバリュー」を測る
    • 上司を見て働くか、マーケットを見て働くか
    • マーケットバリュー1:技術資産
    • マーケットバリュー2:人的資産
    • マーケットバリュー3:業界の生産性
  • ステップ2:今の仕事の「寿命」を知る
    • 仕事がなくなるサイクル
    • 「伸びている業界で働いた事がある」だけでバリューは高まる
  • ステップ3:強みが死ぬ前に、伸びる市場にピボットする
    • 「他人の作った船」に、自分の人生を預けるな
    • 成熟したマーケットに後乗りしても、確実にコモディティになる
    • 伸びるマーケットを見つける2つの方法
    • 才能は不平等だが、ポジショニングは平等だ
  • ステップ4:伸びる市場の中から、ベストな会社を見極める
    • 「働きやすさ」と「マーケットバリュー」どちらを取るか?
    • いいベンチャーを見極める3つのポイント
    • 転職エージェントには、面接後「どこが評価されなかったか」を聞け
    • 財務諸表だけで、企業の価値を見極める事はできない
    • 「中途で入るべき会社」と「新卒ではいつべき会社」の違い

2.「転職は悪」は、努力を放棄した者の言い訳に過ぎない
「組織の理論」が人の心を殺すとき

  • 選択肢がないと、人は「小さな嘘」をつく
  • 「会社にとって本当に正しいこと」は何か
  • 会社を「居場所」と決めた瞬間、手段の目的化が起こる

3.あなたがいなくなっても、確実に会社は回る
残される社員、ついてくるパートナーとどう向き合うか

  • 転職後期に生まれる「今の会社に残ってもいいかも」という迷い
  • 一緒に働いてきた仲間だからこその後押し
  • パートナーへの相談は「共感」が命

4.仕事はいつから「楽しくないもの」になったのだろうか?
心から納得のいく仕事を見つけるために必要なこと

  • 生きる「手段」としての仕事、「目的」としても仕事
  • 楽しくない仕事をする人間は結局、金に買われている
  • ほとんどの人に、「やりたいこと」なんて必要ない
  • 仕事の楽しさは「緊張と緩和のバランス」が決める
  • 自分に「ラベル」を貼り、コモディティから脱出せよ
  • 仕事は大変で辛いものなんて、誰が決めたのだろうか?

おわりに

  • おわりに
  • ノートまとめ

印象に残った所

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

給料は「自分」という商品を会社に売り、会社がそれを買うから発生している。
マーケットバリュー(市場価値)を理解するには
まず自分を商品として考える事だ。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

フリーで働く際の考え方、という気がしましたが
常にそういう視点が大事という事ですかね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

マーケットバリュー(市場価値)は
「技術資産」「人的資産」「業界の生産性」
の3軸の箱の大きさで決まる。

あなたはどんな人間になりたいか?
1.どんな会社からも必要とされる、高い技術力を持った人間
2.どんな人間とも仲良くなれ、可愛がられる力を持った人間
3.特に才能がなくても、安定して高い給与をもらい続けられる人間
理想的なキャリアは、2つ以上が高い。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

自分は「1」になりたいですね。
ただ、現状は「2」の人間だと思います。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「技術資産」
技術資産は「専門性」と「経験」でできている。

専門性は職種に近い。
営業や、マーケティング、会計や税務
プログラミングやデザインこういうものを指す。

経験は「職種に紐付かない技術」
事業部長の経験、子会社の経営、
プロジェクトマネージャの経験、リーダーの経験など。

大事なのは、他の会社でも展開できるかどうか?
展開できないなら、それは技術資産ではない。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

直近働いていた会社では「技術資産」の形成が難しかった。
「その会社でしか展開できない技術資産」が多かったから。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「人的資産」
人的資産は平たく言うと「人脈」。
どの業界にも、人脈だけで仕事を引っ張ってこれる人がいる。
その人だからこそ動いてくれる社内の人や、指名で仕事をくれる人間。
これが人的資産。
人的資産は、年をとるにつれ、重要度が増していく。
キャリアは、20代は専門性、30代は経験、40代は人脈が重要。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

自分は、人脈というか、人の縁は大事にしている方です。
仕事をご一緒した人など、仕事が終わったらもう関わらない
なんていうのは寂しいじゃないですか。
仕事が終わった後でも、たまには呑みにいける
そんな関係性が僕は好きです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「業界の生産性」
その業界にいる人間が、平均1人当たり
どれほどの価値を生み出しているか。

様々な業界があるが、業界別のGDPは最大で20倍違う。この差は極めて大きい。
マーケットバリュ-は
どの業界を選ぶかで圧倒的に上下する。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

ゲーム業界のプログラマーより、IT業界のプログラマーの方が給料高いですよね(多分)。
それは「業界の生産性」が高いという事かな。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

組織にいると、給与は当たり前のようにもらえるものと勘違いする。
そして、大きな会社にいる人間ほど
実力以上の給与をもらっている事が多い。

その中の多くの人間は、会社に不満があると
すぐ社長や上の人間のせいにする。
だが勘違いしてはいけない。

あなたが乗っている船は、社長や先代が0から作った船。
他の誰かが作った船に後から乗り込んでおきながら
文句を言うのは筋違い。

不満をいうのではなく、金を稼ぐ力を身につける事。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

「自分の力」でお金を稼いでいる、その結果が「給与」そういう考え方ができるようになると
いつでも転職できる自分になれる気がします。
でもそうなった場合、給与に不満があると辞めていくんでしょうね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

転職しようと思えばできる人がたくさんいる組織と
転職したくてもできない人間、それどころか
今の会社にしがみついて足を引っ張るような人間だらけの会社
どちらの会社が強い?

強い会社というのは、普通の発想と逆。
いつでも転職できるような人間が、それでも転職しない会社。それが最強。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

これは真理だと思う。
特に新卒で入った人達は「転職」という選択肢を
持っていない人が多いように思う。
転職したくても、仕方がわからなくてズルズルと
いつづけてしまう。
「転職」という選択肢も持った上で働いてみて欲しい。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

いい転職エージェントの五箇条
1.どこがよかったか、
入社する上での懸念点はどこかをフィードバックしてくれる。
2.案件ベースでの「いい、悪い」ではなく、自分のキャリアにとって
どういう価値があるかという視点でアドバイスをくれる。
3.企業に、回答期限の延長や年収の交渉をしてくれる。
4.「他にいい求人案件はないですか?」という質問に
粘り強く付き合ってくれる。
5.社長や役員、人事責任者等との強いパイプがあり
彼らとの面接を自由にセットできる。」

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

僕も転職エージェントを利用していますが
ここまでよくしてくれるエージェントさんは
なかなか無いかなぁ、という印象。
「3」「4」はまぁ対応してくれる事が多いですかね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

転職して、もし出世したければ
中途が活躍できるチャンスがあるかどうか?は見定めたほうがいい。
創業10年~15年以上であれば
中途上がりの役員の割合を確かめよう。
それがそのまま出世のしやすさになる。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

なるほど、これは考えた事なかったな。
確かにその通り。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

転職エージェントで紹介される案件だけで
転職先を絞ってはいけない。
なぜなら、そこには本当に魅力的な求人が載っていない事があるから。
もしも、自分が働きたい会社が明確であれば
様々な手段で仕事を探そう。
SNSのサービスや、直接応募、自分で求人検索
という行為を絶対に忘れてはいけない。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

これは自分も同意です。
転職エージェントは便利ではありますが
自分の転職を、ひいては人生を、それだけに任せるのはどうかと思います。
転職エージェントも選択肢の1つとして、幅広く活動するのがよいと思います。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

転職が悪だというのは
新たな選択肢を手に入れる努力をしない
放棄した人間が発明した、姑息な言い訳に過ぎない。
人間には、居場所を選ぶ権利がある。
転職は善! 個人にとっても、会社にとっても。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

転職自体は「悪」ではないと思います。
なぜ転職したいのか? そこが重要かと。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

消去法で会社に残っている人間に
いい仕事はできない。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

ほんそれ。
ネガティブな理由で会社に残ってちゃいけないと思います。
自分は、会社にしがみつくような生き方は
しないようにしていきたいと思います。
なかなか難しい事だとも思いますけどね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

人間には「何をするか」に重きをおく todo 型の人間と「どんな人、状態でありたいか」を重視する being 型の人間がいる。
99%の人間は being 型である。なので
「心からやりたいこと」がなくても悲観する必要は全く無い

being 型の人間が仕事を楽しむためには
1.マーケットバリュ-を高める事。
2.その上で、仕事でつく嘘を最小化する事。
自分を好きになれなければ、いくらマーケットバリューが高まり自分が強くなっても、その「ゲーム」を楽しむ事はできない。  

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

「自分を好きでいられるか」
これは、自分にとって大きな指標です。
僕はいつでも、自分を好きでいたいと思っています。
最近は嫌々仕事をしていて、本当は辞めたいのに……という、自分に嘘をつきながら働いていました。
もう退職しましたので、正常な状態に戻す事ができました。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

人には、自分に合った「緊張と緩和のバランス」が存在する。
「緊張と緩和のバランス」が適切かを見極めるにはこの半年間に、強い緊張を感じた場面を書き出してみる。
・悪い緊張が10以上ある
→ 職場を変えた方がいい。
・いい緊張が3つ未満
→ より難しい業務やった事のない事に挑戦する。
(「いい悪い」は、主観でよい。)  

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

はるねこ よい緊張は自己への成長にも繋がると思います。
社内環境など、外部要因での良くない緊張がある場合は一考の余地ありですね。

Amazon レビュー

仕事とは、生きるとは、から考えさせられる本

転職を既に考えてる人だけでなく、そもそもお金以外に働く意義を見出せない人や働いたことがない就活生にも読んでほしい一冊。
「仕事とは」「生きるとは」から考えさせられるます。(後半部分で触れてるので、そこから読んでも良いかと。)
決して強みを活かす転職のノウハウが書かれているわけではなく、強みも経験もない、やりたいこともわからない、そんなごくごく“普通の人”に向けたメッセージがたくさんあります。

個人的には「やりたいこと」や「やりがい」を求められる社会の風潮が嫌いだし、考えることも避けていました。
本書では「すべての人がやりがいを求めなければいけないわけではない」という視点に立ちつつ
それでもなおやりがいを求めることがどう大事なのか、優しく教えてくれました。

「重要なのは、どうしても譲れないくらい『好きなこと』など、ほとんどの人間にはない、ということに気づくことなんだよ。」という切り口もよかったです。
もちろん“普通の人”に向けた具体的なノウハウも詰まっており
普通の人は成長産業に身を置くことが大事という切り口から成長産業(会社)の見つけ方に多くのページ数を割いて解説しています。

転職するしないに関わらず、“いつでも転職できる”という選択権を持つことで人は自由になれる
という著者の思いを感じながら読んでほしいです

転職の思考法とは

どんな本でもそうなのだけれど、読む前と読んだ後で「変化」があるものが良書だと思っている。
この本はまさに転職、ひいては仕事をすることについて変化をもたらすものであると思う。

一番印象的かつ、心に残ったのは to do型の人間と、being型の人間がいること
と自分にラベルを貼ること
このトピックだけでもこの本を買った価値があった。

昔から「やりたいこと」という言葉に振り回されてきたが、この本ではそれに対して結論を出している。そして、自分がどうあるべきか、という根源的な問いを考えるきっかけをくれた。

転職に迷っている方、自分はこのままの働き方でいいのか、と考えている方におすすめ。

辞表を書けば楽になる

会社勤めにモヤモヤした気持ちを抱えているなら、一度は読むことをおすすめします。
転職と銘打ってはいますが、要約すると、働き続けるための知恵を説いている本なので、生き残る術を身につけるためにも役立ちます。

会社組織は仕事をする場所であるにもかかわらず、そこにいることが目的になってしまっていないか。
どこでも通用する立ち回りを身につければ、組織のしがらみから解放されて自由になれる。
そんなことを教えてくれます。

買ってみた感想

転職が当たり前になってきているこの時代
あなたのマーケットバリュー(市場価値)を見つめ直してみませんか?という本でした。

物語形式になっていてすごく読みやすかったです。
いい本というのは、本として読みやすいつくりになっている
と思っているのですが、これも大変よい本でした。

転職を考えている人、転職する気はないけど
会社がしんどい時などに読んでみて頂きたい1冊です。

それでは今回はこのへんで👋

その他の読書感想記事

売上ランキング

hal_neko

hal_neko

会社員雑記ブロガー

元スーパー店員。ゲーム屋さん所属。来世は猫がいいです。
趣味やお金の事について雑多につぶやいてます。
ブログでそこそこ稼げるようになるのが目標です(- -)
そこそこって大事。そういうこと。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です