アニメやゲームの感想から、ブログ運営、お金(資産運用、節税)、健康の話まで雑多につぶやくブログです

【読書】めんどくさくて「なんだかやる気が出ない」がなくなる本【感想】

5 min 203 views
読書感想

今回は、読んだ本の紹介、雑感をつらづらと書いていこうかと思います。

はるねこのブックメーターはこちら

めんどくさくて「なんだかやる気が出ない」がなくなる本

今回ご紹介する本は

『めんどくさくて
 「なんだかやる気が出ない」がなくなる本』

  • 著者: 西多昌規
  • 出版社: SBクリエイティブ

です。

購入動機

よくあるのが、家に着くと、とたんにやる気がおきなくなる現象です。

会社や、家に帰るまでは「あれやろう」「これやろう」とか考えているんですが

家に帰るとなかなか、やる気が起きません。

やる気を起こさせる方法を知りたく、この本を購入しました。

本の目次

はじめに

  • はじめに

1.目の前の仕事に、すぐ取りかかれない5つの理由

  • 「行動」する前に「頭」で考えなければならない時代
  • やる気を出してもいい事が起こるとは限らない
  • 他人の評価を気にする「失敗したくない病」
  • できるだけ効率よく、きれいに格好良くやりたい
  • やる気を出さなくても困らない

2.先送り、先延ばしの3つの心理状態と処方箋

  • 集中しないで、よけいな事ばかりしてしまう「逃避行動」
  • 「直前になればどうにかなる」という根拠のない自信
  • 「やる気を出しても報われない?」あきらめ状態
  • 脳を騙せば「やる気」は手に入れられる!

3.「やる気が出ない」を止める8つのコツ

  • モチベーションは「ごほうび」で高められる
  • 「体を動かす」とやる気も動き出す
  • 「ドーパミン」を出して作業興奮を得る
  • 「ワーキングメモリ」をメンテナンスする
  • 何より不可欠なのは「希望を持つ」こと
  • 「妄想力」が強いと夢はかなう
  • 「高い理想」を持つと行動力が高まる
  • 「食事、睡眠、運動」でセロトニンを活性化する

4.「めんどくさい」がなくなり、やる気を取り戻す7つの方法

  • 「苦手なこと」は後回し! 仕事は「好きなこと」からはじめる
  • 「100%」を目指さず、「80%」を目指す
  • あえて自分に「プレッシャー」を与える
  • 「小さなごほうび」を用意する
  • 新しいことを始めるときは「形から入る」&「身銭を切る」
  • お酒、コーヒー、タバコ、ゲーム……「依存しているもの」を止める
  • SNSの利用時間を記録する

5.「めんどくさい」「やる気が出ない」を変える8つの習慣

  • たった5分! 「クイック瞑想」でリセット時間を作る
  • ウォーキング、ジョギング、ツーリング……「リズム運動」を始める
  • マンネリに陥ったら「区切り」を意識する
  • 朝活禁止! 「他人のリズム」ではなく「自分のリズム」で工夫する
  • 朝の光を浴びて「セロトニン」を活性化する
  • 「ごほうび」を見直して「欲」や「目標」も見直す
  • ごほうびを「日常」と「非日常」で考える
  • 燃え尽きてしまったときは「考えることをやめて、休むこと」

6.「やる気」を生み出す上手な7つの休み方

  • 睡眠こそがやる気の充電時間
  • 「入浴、運動、目覚め方」で良質な眠りを手に入れる
  • 「肥満」が「悪い睡眠」を引き起こす
  • 休憩することで「終わりの見えない状態」で働くのを脱出する
  • 15分の昼寝でやる気を取り戻す!
  • 自分だけの休み方を知る
  • 日本人は「休むためのやる気」を出せ

おわりに

  • おわりに

印象に残った所

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

やる気を出さないでいる人は、使い捨てどころか
使われることもないまま終わってしまう可能性が高いと思う。

「一発屋芸人を笑っているあなたが、一発屋にすらなれず
水面下に消えていくかもしれない」

しかし、やる気をきちんと出して、水面から顔を出す
生き方にシフトすれば
高い確率でチャンスが巡ってくると思っています。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

「一発屋芸人を笑っているあなたが……」
のくだりが心に刺さりました。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「逃避行動」とは
本来やるべき事から目を背け
異なるものに意識が向いてしまう心の状態。

様々な要因が考えられますが、1つ考えられるのは
仕事に立ち向かう時に、なんらかのストレスを感じる事を嫌がって避けてしまう事です。

もうひとつの原因は
同じ仕事にマンネリを感じ、その仕事が嫌になっている。
これを心理学用語で「順化」という。
問題は、マンネリ化によってやる気が失われていく事です。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

自分は、マンネリというか
同じ作業の繰り返し自体は苦手じゃないです。
ただ、その作業自体がツマラナイと感じるものであれば
繰り返しは地獄でしょうね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「この薬は、あなたの症状によく効く薬です」
信頼している医者にそう言われれば
その言葉を信じるのが普通の感覚だと思います。
その薬が、ただのビタミン剤だったとしても
患者さんの症状が良くなったという話はよく聞きます。

要するに、人間の脳は結構騙されやすく
表面的な情報に影響を受けやすいという事です。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

確かに、脳は騙されやすいとよくいいますよね。
VRなんかも、ある意味、脳を騙しているようなものかと。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

人は、何によってモチベーションが高まるのでしょうか。
1つは、いわゆる「ごほうび」を与えること。
自分で自分に報酬を設定する事で
自信ややる気を高める効果はかなり期待できます。

モチベーションを高めるもうひとつの要因
それは、他人から認められる事です。
他社から褒められることは
「自己承認欲求」が満たされるので、人間にとっては何物にも代えがたいごほうびとなるのです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

「自己承認欲求」は
自分で与えてあげる事ができないのが難しい所ですね。
あと日本人は、他者を褒めてあげるのが下手くそな気がします。
自分は結構、素直に褒める方です。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

やる気を出したいのであれば
まずは身体を動かす事が大前提となります。
身体を動かす事で、やる気を司る脳の「淡蒼球」が活発化するのです。
身体を動かす事を習慣にしましょう。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

運動不足問題もあるので
運動を習慣化させるというのには賛成ですね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「ワーキングメモリ」は
同時にいくつもの情報処理を行う時に機能するものです。
ワーキングメモリを正常に保つには
基本的には、1度にあれこれやりすぎない事が肝心です。

優先順位をつけ、後回しに出来る事は保留にして
覚えるよりはメモに書き出すようにし
一時的に忘れたとしても問題ない状態にしておく事です。
また、十分な睡眠はワーキングメモリを回復させます。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

最近はそうでもないですが
昔の自分は「ながら」作業が好きな人間でした。
色々な事に手を付けては、結局どれも中途半端。
今は「1つ1つを確実に終わらせる」意識を大切にしています。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

やる気にならない状態から脱出するために、
あえて自分にプレッシャーを与える方法もあります。
最もわかりやすいのは
作業を終わらせる時間を設定し、ダラダラ続けない事です。

人間には誰しも「負けたくない」という本能が基本的にありますので、なんとか設定した時間内に終わらせようと頑張るものです。
これを「タイム・プレッシャー」といいます。

他人に監視されることによるプレッシャーを
「ピア・プレッシャー」と呼びます。
図書館やカフェ等、他人の目がある所だと集中できるのもこれの一種と言えるでしょう。

プレッシャーは、上手に使えばやる気を上げる源にもなり得ます。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

図書館は確かに集中できますよね。
長期休暇の際には、よくお世話になります。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

瞑想には、不安を鎮め、焦燥感を抑える効果がある事が脳波やMRIを用いた科学的研究によって証明されています。

たった5分でいいので、静かな所に座り、
周囲のものや人をなんとなく眺め、ぼーっとしながら何も考えず心を空っぽにする。ただそれだけでいいのです。
「クイック瞑想」を始めてみましょう。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

瞑想は、結構前から自分も注目しているというか
取り入れていますね。
眠れない時とかに瞑想すると
心が落ち着いてぐっすり眠れたりします。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

運動が身体にとって良い事は、言うまでもないでしょう。
うつ状態等のメンタル面に対しても
体を動かす事が効果的である事がわかってきています。

運動により「セロトニン」「ドーパミン」等の
神経伝達物質の働きが強まり
不安や抑うつが和らぐだけでなく、同時にやる気も出てくるのです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

自分は、軽い「うつ」症状出てるので
より運動が大事だなぁって思います。
とりあえず、またウォーキングを再開しようと思います。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

人間には、朝から元気な朝型と
夕方から夜にかけて活動の質が上がっていく夜型がいます。
最近の研究では、人間は、朝型、夜型を訓練で変えられるものではないということもわかってきました。

人間には、その人なりのリズムがあるので
それが、変えられないとすれば、あえて逆らわないほうがいいのです。
大事な事は、人と比べない事です。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

これは知りませんでした。
自分はガッツリ夜型の人間だと思います。
朝はホント、調子が上がりませんが「仕方のない事だ」と割り切っていこうと思えました。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

休日明けだというのに、疲れが取れない
という経験をした方も多いことでしょう。
この疲れの原因は、充実感のある体験記憶を残せていない事です。

休み方で大切なのは、振り返って
「いい休日を過ごせた」といったプラスの記憶。
疲れが癒せた、というイメージを脳に残す事なのです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

なるほど、確かに「いい休日だったなぁ」というのはなかなか感じる事が少ないかもしれない。
休日は、ダラダラして過ごしてしまう事が多いから。
休日もできる範囲で「楽しむ」「充実させる」事が大事ですね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

本書でやる気について理解してくださった皆さんにはすぐに「動く」ことを始めてもらいたいと思います。

『「やる気が出ない」「めんどくさい」と思ったらとにかく、30分の散歩にでかけてみてください』

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

まず動く! それが大事な事ですね。
勉強になりました。

Amazon レビュー

見出しにだまされた( ‘Д`)y━・~~

買って失敗。
響く文章一つもなし。
面倒くさくなり読むのをやめたら、やる気がでた(*_*)

微妙

の本は主にビジネスパーソンに向けて書かれています。
なので、受験勉強や資格取得に向けての勉強などでやる気が出ないという人にはあまりおすすめできません。
内容も、僕にはあまり響きませんでした。

斜に構えず読めば自分の問題点が見えてくる

社会的背景まで押さえて原因を究明
モチベーションダウンの原因とアップのヒントを心理的・科学的に解説しており
単なる体育会系「頑張れ!」本とは一線を画している
疑ってかからず科学書を読み解くような気で読んだらやる気が出てきました

買ってみた感想

やる気を出す方法、やる気が出ない原因について
色々な情報を与えてくれる良書だと思いました。

自分は、この本を読んで「瞑想」「運動」「睡眠」
といった所に気をつけていこうと思いました。

やる気がどうにも出なくて正直困ってる
といった方に読んでみて頂きたい1冊です。

それでは今回はこのへんで👋

その他の読書感想記事

売上ランキング

hal_neko

hal_neko

会社員雑記ブロガー

元スーパー店員。ゲーム屋さん所属。来世は猫がいいです。
趣味やお金の事について雑多につぶやいてます。
ブログでそこそこ稼げるようになるのが目標です(- -)
そこそこって大事。そういうこと。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です