アニメやゲームの感想から、ブログ運営、お金(資産運用、節税)、健康の話まで雑多につぶやくブログです

【読書】今やる人になる40の習慣:著林修【感想】

6 min 0 views
読書感想

今回は、読んだ本の紹介、雑感をつらづらと書いていこうかと思います。

はるねこのブックメーターはこちら

今やる人になる40の習慣:著林修

今回ご紹介する本は

『今やる人になる40の習慣』

  • 著者: 林修
  • 出版社: 宝島社

です。

購入動機

前作「いつやるか? 今でしょ!」も読んだのですが、結構全体的に納得できる内容だったという事と

「今やる人」になれるようにならなくちゃな、という想いから購入。

本の目次

はじめに

  • はじめに

1.すぐやるための習慣

  • デスクを「戦闘態勢」に変えておく
  • 「5W1H」をフル活用して考える
  • 日曜午後からは「戦闘モード」に戻る
  • and more …

2.「今!」を決断するための習慣

  • いつやるか? 今でしょ!
  • 仕事を選ばない。仕事が自分を選ぶと思っている。
  • 夢や希望をどんどん語る
  • and more …

3.今やる人、できる人の習慣

  • 嫉妬心をプラスに転換できる
  • 愚痴や不満を言わずむしろそれを活用する
  • 愚痴や不満の「内向き」活用法
  • and more …

おわりに

  • おわりに

印象に残った所

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

デスクって本当にその人そのものが出るものであることがよくわかります。
「できる人」のデスクは、ほとんどが、きちんと整頓されています。
色々な書類が山積みにされていていて「落城」寸前なんてことはまずありえません。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

これはどうなんでしょうね。
デスクが結構ごっちゃしてても仕事早い人はいましたけどね。
自分は整頓してる方なので、ほっとしました😞

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

皆さんは、なにかの企画を命じられたとき、自力で完成させなければと思っていませんか?
「今やる人」は、完成するまで1人で抱えるなどという事をまったく考えません。
ある程度できたらすぐに、上司や周囲に投げかけてしまいます。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

よく言われるのは、最初から100%を目指すんじゃなくて、ある程度の完成度で一旦完成(仮完成)してしまう。
そこから「ブラッシュアップ」に時間をかけるのがよい、と言われますね。
自分もそういう進め方は賛成ですね。

上司や周囲に投げかけるのもよいですね。
もしかしたら、頑張りの方向性が間違ってる可能性もあるので、早めに確認するのがよいかなと思います。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

エジソンのような特別な人間はさておき「普通の」人間は、時間を意識する事で、集中力を高める事ができるのです。
時間に追われるから、時間の成約を意識するから、だから集中できる
それが凡人の普通のあり方ではないでしょうか?
集中力アップするには、いったいどれだけ集中できたのかを記録していくのです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

時間を意識すると集中できる、というのはあるかなと思いました。
時間給的な取り組み方から、成果給的な取り組み方になるんじゃないかなと思います。
自分も「○時間勉強する」とかより「今日は○と○を片付ける!」という取り組み方をしています。
取り組んだ時間は関係ありません。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「努力は裏切らない」という言葉があります。
この言葉そのものは間違っていませんが、実は、少し補足が必要な言葉なのです。
どう補えばよいかといえば「正しい方向でなされた努力は裏切らない」とすべきなのです。

結果を出す人は、まず方向を先に確かめ、これでいいと思ったらすぐ実行に移し
必要な量に達するまで努力を続けるというパターンを取る事が多いのです。
まず、この方向でよいのか、もし、確信がもてなければ「すぐ」にアドバイスを求め
十分な量の努力を重ねていくのです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

なるほど、努力は努力でも「正しい方向性なのかどうか」ですか。
うーむ「正しいかどうか」の判断が難しいですね。
まぁ、そこは、総合的に判断する必要があるのでしょうね。
自分も「正しい方向性の努力」ができているのかの自信はあまりないですが
間違った方向の努力をしないように気をつけたいです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

・「熱い思い」は、なかなか持続するものではない!
・誰もが、やらなくてもいい理由、できない言い訳を探す事に関しては、豊かな才能に満ちあふれている。
という少し寂しい現実があります。
だから「今でしょ!」という想いが生じた時に、その思いのまま行動して、成功の実感を心に刻んでいかないと
その瞬間に動けない、いわば「冷めた」人になってしまうのです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

自分の場合、動くまでは結構考えるのですが、決めてしまったら、行動は早い方です。
iDeCo やふるさと納税、株式投資などの時も、色々調べて「お! いいじゃない!」と思ったら即行動していましたね。
「とりあえずやってみる」「ダメそうだったら撤退すればいい」の考えの元、行動しています。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

なにか新しい仕事を振られると、すぐに「ムリ」という人がいます。
しかし、これは随分もったいないことをしていると思うんですよ。
「こいつにやらせてみよう」「こいつならできるんではないか」そう思って仕事を与える事の方が圧倒的に多いのです。

その際に「イヤ、僕にはムリです」と答えてしまったら、もしかしたら適正のあるかもしれないジャンルを、みすみす逃してしまう事にもなりかねません。
ここは「そうか、僕はこの仕事ができると思われているんだ、よしやってみよう」
こう考えて、ありがたく拝命すべきです。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

これは気をつけたいですね、自分の力量がわかってくると、自分の中で「できる」「できない」を勝手にジャッジしてしまっている所があります。
でも、やってみると、案外得意だったりする事もあると思います。
食わず嫌いせずに、何でもチャレンジしてみる精神が大事ですね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

・自信なんて、そもそも根拠がないもの。自信がないと言う人は、まず、自分はやれると信じ込むこと。
・自信がないと思い込んでいる人は、雑念が多い。
・全部成功する事はありえないように、全部失敗することもまた稀。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

>「全部成功する事はありえないように、全部失敗することもまた稀。」
これはちょっと暴論ではw
成功と失敗の定義にもよるかもですが、全部成功する事もあれば全部失敗する事もあるのでは?
ですが「まず、自分はやれると信じ込むこと。」これは大事かなぁと
自分も、自信はあまりない方なので、気をつけたいと思います。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

・不満が口をつく前に、なぜ不満を言いたくなるのかを自問してみる。
・不満が生じたら、外か内に向けての対処法を考えて直ちに行動する。
・優秀な人間は環境に不満を言わない。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

「優秀な人間は環境に不満を言わない。」
これはそうなのかもしれません、というか、不満な環境だったとしても
その中でも、極力、自分のやりやすい環境にしていく人が優秀な人な気がします。
自分も不満ばっか言う人間にならないように気をつけたいですね。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/01/2.jpg

著者

「できる」人は、いつも自分を批判する自分を頭の中に住まわせています。
絶えずその自分にチェックさせて、決して独りよがりにならないものです。
そういう人は、普段から、自分で自分を批判していることになるので、他者からの批判にも強いですね。
普段から自分のことを、いつもどこかで冷静に見ている自分を想定することが大切です。

https://yurutsubu.com/wp-content/uploads/2020/03/profile2.png

はるねこ

「客観視」が大事、という話かなと思うのですが、これは、自分は、結構できている方かなと思います。
批判する自分というか「色んな可能性の意見」を自分の中で戦わせて、自分の中での解を求める感じですかね。

また、客観視、という所でいうと、自分の仕事柄でいうと「ユーザー目線を忘れない」というのもあるかなと思っています。
クリエイターがユーザー目線を忘れた時、独りよがりな作品が世に出るのだと思います。

Amazon レビュー

ほんの小さな「今でしょ」が、大きなことを成し遂げる一歩となることを分かりやすく解説

「いつやるか? 今でしょ!」の名ゼリフで有名な著者の第2弾。
前作と比較すると、本書のほうが読みやすいです。
理由として、(1)4ページ1項目の構成、(2)項目のテーマが具体的、(3)図解、まとめ、太字がある、の3点が挙げられます。
よって、どちらか1冊を(先に)購入するとしたら、私は本書を勧めます。

本書の内容の半分は、既に実践していることでした。
しかし、本書を通じて有益なアドバイスも複数個所あったので実践してみたところ、「今やる」力がパワーアップしました。
本書で得た有益なアドバイスは、以下の通りです。
・日曜日の午後に、翌日から始まる1週間のシミュレーションを行う。月曜日の朝に気合を入れても遅い。
・水曜日の夜に、週後半のイメージを作る。
・企画は、できれば翌日に提出する。
・やる気は一瞬なので、「今だ!」という熱い思いのままに行動する習慣を身につける必要がある。
・時間の無駄は精神の弛緩。愚痴や不満は本当の無駄。
・規則正しい仕事は、リズムを「変える」。不規則な仕事は、リズムを「変えない」。
・できる人は、相手の姿が消えるまで「見送る」。
・人生のアイウエオ…人をアイして、ウンを逃さず、エンを尊び、オンを忘れず。

先生の講義を受けているような感覚

高校生の時に講義を受講させて頂きましたが、その当時と変わらない講義の勢いを感じられる内容です。
テレビに出ているまんまの本という感じです。

文章については、現代文講師の著書なので、難解な単語がたくさん出てくるのかと思いきや、
ドラマの相棒やコンビニのコラムなど、体験談を交えて、
ライブで講義を聞いているかのように、わかりやすく、面白く、
話かけられているような感覚で読めました。

ビジネスマン対象の内容のですが、受験生を含め、誰が読んでも
納得できる習慣が書かれてあると思います。
『○○の習慣』というタイトルの本は多く出版されていますが、
重要度、緊急度のマトリクス、5W1H(6W2H)、ホウレンソウ、陰徳あれば・・、愚痴や不満を言わずプラスに変える、などなど、聞きなれた内容もありますが、そうでないものもあります。

論理でガッチリ固められてるのかと思いきや、根拠のない自信、失敗は取り返しがつかない、歴史は繰り返さないなど、一瞬、非論理的、今まで一般的に言われてきた内容と真逆で驚く内容も書かれてありますが、ちゃんと最後に論理付けて説明されているので、さすがだなと納得してしまいます。

イラストの林先生がとても似ているのには、笑ってしまいました。 とてもいいです。

偶然、テレビでヤンキーに現代文を教えているのを見て、ファンになりました。
テレビでもそうでしたが、とても論理的でそれでいて分かりやすいです。内容も面白いです。
また哲学というか、人生に触れた話も交えていて、林先生の人としての魅力も感じます。
読んでいてぐいぐい引き込まれます。

僕的には説得力がない話は、ケッと思って放り投げたくなるのですが、これはなく、話で大事な説得力があると思います。
殆どの話が興味深いのですが、5w1hの話はいいです。
僕は家でやるにはやる気がおきない、もしくはもったいないと思うことは電車でやりますが、これは無意識に5w1hの一端をやっていたのかと気付かされました。
これからは意識的に他の視点でものを考えられるので素晴らしいです。
あと失敗やミスは素晴らしい情報なんだと気づきました。
世界観がひっくり返るぐらい素晴らしい発見です。

僕は本を殆ど読みません。この本は自己啓発のジャンルになるようですが、他の本を読んだことがないので比較はできません。
でも本嫌いな僕でも読めて面白いと思ったので、本嫌いな人にもぜひ読んでほしいです。
人生にプラスになることが見つかるはずです。僕は本を理解し、自分なりに取りこんでみたいと思いました。
またこの本がきっかけで、本ていいもんだな。これから本読もうかなという気持ちになりました。これは僕的には革命です。
林先生、ありがとう。

買ってみた感想

納得できる所、あまり納得できない所、両方あった書籍だったかなという感想です。

「今やる人」になれるためのノウハウが書かれた本書。

本書で、個人的に一番響いたのは「正しい方向でなされた努力は裏切らない」ですかね。

誰しも何かしらの努力をしているものだったりしますが、それが正しい方向に向かった努力なのか?
そのあたりを改めて意識すると、より効果的になると思います。
自分も、がむしゃらに頑張る前に、冷静に分析する癖をつけていけたらと思いました。

「今やる人」になりたい方におすすめです。

それでは今回はこのへんで👋

その他の読書感想記事

売上ランキング

hal_neko

hal_neko

会社員雑記ブロガー

元スーパー店員。ゲーム屋さん所属。来世は猫がいいです。
趣味やお金の事について雑多につぶやいてます。
ブログでそこそこ稼げるようになるのが目標です(- -)
そこそこって大事。そういうこと。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です